最新のガリレオシリーズ

ガリレオシリーズ最新情報

以下の項目から選んでください。
●ガリレオの最新バージョンはこちら
●ガリレオシリーズ・機能一覧はこちら
ガリレオパーソナルカタログ1(Ver.9)(PDF形式ファイル:4.7MB)
ガリレオパーソナルカタログ2(Ver.9)(PDF形式ファイル:3.2MB)

ガリレオの特徴について

展開図 ●基本図形が150種類以上
展開図・ヘロン・擁壁・ブロック積・水路・側溝など150種類以上のパラメトリック基本図形と数量計算書が登録されています。

●リアルタイムに図形の形が変わります
基本図形に数値を入力するとリアルタイムに形が変わっていきます。

●土木専用の多彩なCADが標準装備
土木特有の%や傾き(1 : n)の入力や、プラニメータ、重心位置の計算など、多彩なCADコマンドが標準装備されています。また、土木特有の 縮尺(縦横別々の縮尺)を図形ごとに簡単に変更することができます。

●いろいろなCADとデータ交換
CALS/EC対応データSXF(p21,Ver.2)はもちろん、DXFデータ形式、DWGデータ形式(AUTO-CAD内部形式)に対応、直接読み書きできます。

●イメージ図面から座標が読み取れます
他のCADで作成した図面やイメージ図面を読み込んで、画面上で2点の座標を決定すると、マウスで指定した点の座標を読み取れます。

●CAD製図基準(案)のレイヤーが自動で
SXF(p21)出力時にCAD製図基準(案)に準拠したレイヤーを自動作成する機能です。あらかじめ断面のレイヤーを設定することができます。

●施行現場の土木測量機能が満載
土木測量オプションには、施行現場で使用する測量機能が満載されて います(逆トラバース計算など)。さらに自動作図と強力なデータ連携で縦断図・横断図が自動作図できます。尚、座標データは、APA・SIMA・ソキア SD・CSV形式で測量機械等と直接読み書きできます。

●ガリレオシリーズはコピーフリーです
何台のパソコンでも使用可能です。
※データの印刷・データ変換・光波測量機器との接続は1台のパソコンでのみの使用となります。
ガリレオパーソナルは、1台での使用となっています。

●CALSチェックシステムを搭載
CALS電子納品用の図面に対応したレイヤーチェックとレイヤー別に線・文字を自動変換するチェックシステムが搭載されました。

●電子納品ツール:CALSエクスプローラ
電子納品CD作成用のツールとしてCALSエクスプローラをオプションとして選択することができます。
舗装展開図・擁壁展開図など16種類、法面ヘロン・展開図ヘロン・三斜ヘロン・座標入力によるヘロン作図(自動作図) など数値を入力するとリアルに形が変化していきます。面積も自動計算され、数量計算書が自動作成されます。 ヘロン展開図
横断図 構造物は擁壁・ブロック積・水路・側溝など100種類以上の断面があらかじめ用意されています。数値を入力すると、 断面の形がリアルに変わっていきます。数量も自動計算され図面上に合成することができます。数量計算書は計算式 を変更することができます
縦断図・横断図・切削横断図は、土木測量システムからデータ連携によって、全て自動で作図することができます。 また、プラニメータ機能や重心位置計算機能を使って部分的な面積や任意の点からの重心位置までの距離を求めることができます。 縦断図
平面展開図 展開図に曲線要素を入力するだけで平面展開図ができます。図と図を接続する機能を使ってピタッと合成できます。 また、数量計算書をEXCELに読み込むこともできます。EXCEL、WORDで作成した表や写真を図面上に合成することも簡単です。
土木測量システムでは、計算結果を画面で見ながら測量計算をおこなうことができます。作図した測量データは、 図面上に合成することができます。さらに計算表も図面上に合成、EXCELにも読み込むことができます。 路線の連続計算
平面図から座標読取り 画面上に読み込んだイメージ画像から2点の座標をクリックして、画面上の求めたい点をクリックすると、その点 の座標が計算されます。